うつ病薬デパスには代わりになるお薬がある?それはどんなお薬?

デパスの代わりのうつ病薬ってある?

デパスの代わりのうつ病薬ってある?

うつ症状に苦しむ人たちの間で人気の高いデパスですが、向精神薬に指定されたことにより個人通販などを利用して購入することが難しくなりました。そこで代わりになる薬が注目を集めています。

薬の効き目の特徴として、うつ症状一般や不安症状・睡眠障害などの広い症状に効き目があると言われています。心の病というのは、その時々でさまざまな症状があらわれます。

そのため広い症状に対応できるという点では、症状に悩む患者にとって安心して利用することが出来る薬でもあったのです。

そうした中でデパスの代わりとなる薬を探そうと考えたとき、作用のことを考えなければなりません。この薬には不安な気持ちを抑えてくれる作用があります。

また寝つきが悪い人に対しての睡眠効果も期待できます。そのほかにも、常に体が緊張状態にある人の筋肉の緊張緩和・体の震えを抑えるというさまざまな作用が認められているのです。

そのような効果が期待できる薬のひとつとしてバスパーがあげられます。バスパーは抗不安薬なのですが、脳内伝達物質であるセロトニンに作用してドーパミンやアドレナリンといった気分を高める物質の分泌を促します。

一方で緊張や不安・気分の落ち込みといったことを抑制させる働きもあり、うつ症状や不安障害に悩む人たちに適した薬と言われているのです。

バスパーが選ばれているのには、依存性や副作用が低いということがあります。即効性はありませんが効果がゆっくりとあらわれる薬であるために、依存性や副作用といったものが起こりにくく安全性が比較的高い抗不安薬とも言われているのです。

向精神薬に指定されたデパスは、国内でも病院で処方してもらうことは可能です。ただし病院での処方は医師の診察が必要であり、その都度診療代がかかり薬代も高くなります。

そのうえ、一度にたくさんの量の処方してもらうことは出来ないため、処方してもらうたびに診察を受けなければなりません。うつ症状や不安症状といったものはすぐに症状が軽くなるものではなく、長期間症状に苦しむ人も多くいます。

長く病院に通うことになれば時間も費用もかかることとなり、患者への負担が大きくなるのです。

そうしたことから、バスパーといった個人輸入で手に入れることが出来る抗不安薬を求める人も多くいます。常に症状に悩まされているわけでなくても、手元にいつでもおいておけるという点は安心感を抱くことが出来てメリットが大きいものでもあるでしょう。